本名

青井 和道

出身地

福岡県

学歴

大阪大学法学部卒業

生年月

1978年12月

 大学卒業後、広告代理店にて法人向けにプロモーション、マーケティングなどの分野における各種コンサルティングを手掛ける。

 広告代理店在職中にタックスヘイブンの金融システムと出会い、それまでの日本国内の常識にとらわれていた金融の世界観が大きく覆される。

 元来、金融自体に興味があるわけではなかったが、外を知ったうえで日本国内を見渡した時に日本の方たちのファイナンシャルリテラシーの低さに愕然とし、そこから独学を重ね2006年28歳の時に日本ではまだ珍しかった海外の金融商品に関するアドバイスを専門とする投資助言代理会社を設立。

 個人、法人向けに海外金融商品を活用した資産形成、資産保全、投資ポートフォリオのアドバイスなどを手掛ける。2007年後半以降、リーマンショックなどの度重なる金融危機の中、市場に左右されにくい資産形成、保全を目的としたアドバイスを続けていたが、日本国内での金融当局の規制を受けながら顧客に長期的にサービスを提供し続けることは不可能であると判断し拠点を海外に移すことを決断。

 現在は日本の投資助言代理会社を離れ、香港を拠点にアジアグローバルに活動する大手IFAに在籍しながら法人、個人を対象としたあらゆる金融サービスを提供するかたわら、日本国内においても日本人の金融リテラシーの底上げの助けになればと全国各地でセミナー、講演、コンサルティング活動を行っている。