サンライフ社生命保険とCOVID-19


サンライフ社の生命保険にはライフブリリアンスやジェネレーションズⅡといった主目的を死亡保障とする商品があるが、これらは死亡保障額が一定金額未満であれば告知のみで申し込みのできる範囲(Non-medical Limit)が存在する。


年齢にもよるがその範囲は日本国内の生命保険と比較しても非常に大きいため(ライフブリリアンスでUSD1.5M、ジェネレーションズⅡでUSD3M)煩わしい健康診断などを回避して加入することができやすくなっている。


では昨今流行しているCovid-19に対して現在保険会社がどのような対応をとっているかというと、申込書上での告知は必要としているが実際に告知した結果、アンダーライティングによって承認され加入ができた例というのはないようである。


新しいウィルスであるがゆえに罹患後の心身への影響が不明であるということであろう。


また告知の必要のない運用目的の商品であるビクトリーやヴィジョンについては関係ないことを付け加えておこうと思う。


近日公開予定
今しばらくお待ちください...
ピックアップ
新着記事
アーカイブ