相続対策、資産移転にサンライフ社Visionを活用してみる



皆さん、相続対策と聞くとどういった行為を思い浮かべますか?


時間をかけて対策するのであれば、万が一の際に相続人が死亡保険金受け取れるように生命保険を購入したり、生前贈与によって資産を次世代に移転したりといったことが一般的だと思います。


しかしあくまでも相続発生までに時間がある=被相続人がある程度若いことが前提です。


生前贈与にしても贈与金額が大きくなると贈与税は跳ね上がりますし、生命保険にしても高齢になると加入自体難しくなったり加入できたとしても高額な保険料が必要となり思ったような成果を上げることは難しくなります。


また日本では相続人が元気なうちからなくなった時のことを考えるというのは道徳的な問題を感じる方もおおくいらっしゃいます。


そして当事者が高齢になって初めて具体的な対策を考えようとするのですが時すでに遅しといったことが多くあります。


そういう時にできることはシンプルに相続資産の価値を圧縮してしまうことです。


当然資産価値が減った状態で相続が発生すれば評価額は小さくなります。

また資産価値の圧縮された状態で将来の相続人へ贈与されれば低い贈与税で資産移転ができることになります。


ただし資産が圧縮された後に価値がそのままなくなるようなものでは意味がありません。

つまり一度価値の圧縮された資産は将来(それもできる限り早く)、圧縮前の資産価値またはそれ以上になる必要があるのです。

また金融商品を使う場合を想定すると高齢でも加入できるものである必要があります。

加えて相続対策が必要になるくらいの資産があるということなのである程度規模も高額にならざるを得ません。


これらの条件を満たす金融商品がサンライフ社のVisionです。


もちろん本来はこのような使い方を想定して設計された商品ではありません。

そもそも香港だと相続税がないので対策の必要がありません。


ですがその内容に着目すると相続対策に使えることがわかってきます。


詳しくお知りになりたい場合は直接お問い合わせいただければと思います。


近日公開予定
今しばらくお待ちください...
ピックアップ
新着記事
アーカイブ