金融商品の流通について

あるでしょう国内外を問わず保険、投資など様々なカテゴリーの金融商品の購入をする際、皆さんは誰に相談しますか?


ほとんどの方は銀行、証券会社、保険会社などの金融機関やその代理店など有資格者にとなっている方に相談されることでしょう。

間違っても金融のプロフェッショナルでない一般人や友人に商品の詳細やプランニングについて尋ねるなどということはないと思います。もちろん身近な人がきっかけとなって専門家に相談されることはあっても知り合いがすべて申し込みまでの段取りをしてくれることは通常考えられませんよね?



しかし昨今、日本における海外の金融商品の流通においては前述のようななんでもない知り合いから金融商品を紹介され契約したというケースが非常に多く見られます。その多くがMLM形式をとっていたりもするのですが、もちろん保険会社や投資会社などのプロバイダはMLM形式での販売方法を認めていません。


理由は簡単。


MLM形式で販売される場合、商品の説明をするのは末端の紹介者であったりします。もちろん責任も義務もほとんど負わない紹介料目当ての方たちです。とすればその人が顧客目線にたった説明を真摯にしてくれる可能性がどれほどあるでしょうか?


そういう紹介者にあたった場合にはせめてIFAレベルの人間から説明を聞いてもらえるよう依頼してみるといいと思います。

それで直接話が聞けないようなIFAはその後のサポートにおいても紹介者を通じて行う体制になっていることが多いです。


結果、紹介者と連絡がとれなくなりその後のサポートが受けられない、いわゆる難民の誕生です。


興味を持ったきっかけとしては友人などから話を聞いたでもいいと思います。

しかしその後の商品説明や契約の際はやはりIFAレベルの責任を負う立場の方からぜひ話を聞いてもらいたいと思います。

紹介者との商品知識の差はもちろん歴然ですし、それをきっかけとして自分に合った商品の提案などをしてもらえる可能性も高くなります。


もし紹介者がIFAの方から話を聞く環境が得られないのであればご自身で他のIFAに問い合わせをしてセカンドオピニオンなんかをとってみるのもよいかと思います。


私でよければそういった相談にも乗れますのでご興味あればお問い合わせください。





近日公開予定
今しばらくお待ちください...
ピックアップ
新着記事
アーカイブ