ギリシャのデフォルトの行方は如何に?

June 29, 2015

 

皆様、こんにちは。

 

さていよいよ大詰めとなってきたギリシャのデフォルト(債務不履行)問題。

 

週末に行われたEU圏財務省会合によりギリシャへの現行の金融支援の延長をしないと決定されたことにより、ギリシャのデフォルトリスクがさらに現実味を帯びたとして朝から日経平均は前日比500円超の下げ、USD/JPYは約2円の円高と混乱の様相を呈している。

 

ギリシャでは協議決裂以降、金融機関からの資金流出がさらに加速したため、国内金融システムの崩壊を回避するため、29日から銀行閉鎖、および資本規制に踏み切った。

 

ユーロ圏では2013年のキプロスに続き、2か国目の資本規制ということになる。

 

 

今後、ギリシャがデフォルトに陥った際の世界の金融市場の影響ですが、正直予想が難しい。

 

ギリシャ危機を発端にアイルランド、ポルトガル、スペイン、イタリアへと飛び火し欧州の金融システムの根幹を揺るがせた、先の欧州債務危機と比較すると金融システム自体が整備されたこともあり影響は小さいとする見方もありますが、今回も他へ危機が飛び火しないとも限らず、

予断をゆるさない状況といえます。

 

しばらくは為替市場、株式市場ともに荒れた展開が続くと予想されます。

 

こんな時は市場と相関性が低く、かつ通貨価値の安定した投資先を考えてみましょう。

 

 

Please reload

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ピックアップ
新着記事

February 19, 2018

February 14, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload

Copyright© Kazumichi Aoi all rights reserved.